Hello everyone,

The Hario Speech Contest 2021 took place yesterday, and what a day it was! We welcomed the contestants and their families at Rose Theater and they were eager to get the show going. We had three judges who are all from different continents, the U.K., Australia and Columbia. It’s good to have judges from all over the world. Each country has their own form of English, but they can all agree on what makes a great speech. We began the contest with the “debut” category, who are the first timers. They were understandably nervous, but put on a great show. It’s nerve-wracking for a 6-year-old to stand all alone on a huge stage, and give a speech to over 100 people! I’m so proud of their bravery, and how well they could say their speech despite the nerves. After that we had the “rising stars” who had studied their second speech this year. Some of them weren’t at last year’s contest, so this was their first time to perform at Rose. Again, it’s very daunting to take the walk up the stairs and across the stage to the microphone. They also did a great job, and really impressed the judges and audience. Next up we had the “stars”, who had learned a few speeches before. They knew what to expect up there, and that the quality of their speeches needed to be high. Finally, we had the “legend” category, who are veterans ranging from 4th – 6th grade. This is usually the most competitive category, and this year was no exception. There were many excellent speeches here. They are long, and have more mature subjects, such as S.D.G.s, animal welfare, the environment, and so on. These students have a lot more to remember. For the 6th graders it’s their last speech contest, so they put on the performance of their life. I’m proud of all of them for putting in so much effort. Not only the students at the contest, but all of those who worked hard this year. Congratulations to our winners. And to the families, thanks for coming and thanks for your support. I had a great time. See you next year!

みなさん、こんにちは。アランです。

昨日は、HARIOのスピーチコンテストがロゼシアターにて行われました。

今年は3人の審査員を迎えました。UK、オーストラリア、コロンビア出身の審査員です。

異なる国の審査員がいるのはよいことですニコニコ。それぞれ英語は違いますが、どんなスピーチがよいのかは共通しています。

まずはPLS2年目の「デビュー」から。初めてのスピーチコンテストに緊張していましたね。でもステージでは素晴らしいスピーチを披露しました。6歳の子供が大きなステージの上で一人、300人の前でスピーチをするのは、とてつもないプレッシャーと緊張ですびっくり。私は彼らの勇気を誇りに思います拍手。次は「ライジングスター」の部。こちらはスピーチが2回目となる生徒たちですが、何人の生徒にとっては初めてのスピーチコンテストでした。階段を上り、ステージの真ん中にあるマイクの前に立つ。とても緊張します。しかし、彼らはまた素晴らしいスピーチを披露し、審査員と観客の人々に感銘を与えました。次はスピーチホームワークが3回目のスター。彼らはスピーチでは何が期待されるのか、スピーチの質は高い必要があることを知っていました。最後に、4年生から6年生までのベテランである「レジェンド」のカテゴリー。一番レベルが高く、競争が激しのは、今年も例外ではありませんでした。すばらしいスピーチがたくさんありました。どれもスピーチが長く、S.D.Gs、動物福祉、環境など、より成熟した題材でした。覚えるのも大変でしたね。そしてどのカテゴリーでも、6年生にとっては最後のスピーチコンテストでした。彼らの努力を大変誇りに思います。コンテストに出場した生徒たちだけでなく、今年スピーチホームワークを完成させた生徒たちすべてを誇りに思います。コンテストにて入賞した皆さん、おめでとうございます拍手

最後に、保護者の皆さん、サポートをありがとうございました。楽しい時間を皆さんと過ごすことができました。ニコニコまた来年、お待ちしております。

 

アラン

 

**************

~本物だから、だんぜん楽しい!!~

幼児~大人までの外国人による英会話スクール⁺日本人講師による英検取得クラス

株式会社HARIOイングリッシュスクール 

富士市国久保3-1-10 2F
月~金 12:30~9:30 祝日)土、日 駐車場20台完備

無料体験授業、随時受付中。下記又はウェブからお問い合わせください。

TEL)0545-53-8181
MAIL) info@hario-english.jp

パソコンHARIOのfacebookフェイスブック